自分に似合うメガネの探し方

面長や丸顔など、それぞれその人の顔の形に合ったフレームを選ぶことで、自分にぴったりなメガネを手に入れることも可能になります。ここではそれぞれのフレームがどんな顔の形に似合うのか詳しく紹介していきます。

メガネの買い替えのタイミング

メガネは長期間使用できるものが多く販売されていますが、使用年数やメガネの状態によっては買い替えることが望ましいこともあります。ここからはメガネのレンズのコーティングが消えてしまったり、フレームが歪んでしまった時など、メガネを買い替えるべきタイミングについて紹介します。

視力が変化した時

見え方が変わったら要注意

メガネは、その時の目の状態に合わせて作られているので、視力が変われば、当然、メガネも合わなくなります。両目の視力が極端に変化すれば、メガネが合わなくなった、以前よりも見えにくくなったという違和感を覚えやすいものの、片目の視力だけが変化した場合や視力の変化が小さい場合、中々違和感に気付けないといったこともあるので注意が必要です。また、メガネは両目で見るように作られているので、どちらか一方でも視力が変われば、見え方が変わり合わなくなってしまいます。合わないメガネを使い続けていると、目に負担がかかり、視力の低下や頭痛といったトラブルを起こしかねません。視力の変化を感じたら、メガネを新調するタイミングと捉えることが大切ですよ。

定期的な視力検査が大切

メガネを使っている時間が長いほど、視力の変化を感じにくく、メガネが合っているかどうかの判断をすることは難しくなります。大幅に視力が変化したとしても、1日で大きく変わることはありませんよね。毎日、少しずつ変化していくなら、気付くのは難しいのではないでしょうか。また、それほど不自由を感じていないし、まだ使えると言って、合わなくなったメガネを使い続けてしまう人も少なくありません。けれど、実際に、どれだけ目に合っていないかが分かれば、新しいメガネを作るのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、定期的な視力検査です。客観的な数字となって結果が出てくるので、どれだけ視力に変化があったのか、使っているメガネは目に合っているのか、しっかり判断出来るので、おすすめですよ。