丸顔や四角顔におすすめなスクエア

自分の顔に合うメガネとは?

メガネを選ぶ際には、レンズの度や大きさのほか、フレームの幅やツルの太さなど気を付けるべき様々なポイントがあります。レンズの焦点と瞳の位置関係は、最も重要です。レンズが目に合わないと、使用するうちに目が疲れたり痛くなったりするので、慎重に選ばなければなりません。また、自分の顔の形に合うかどうかも大切なポイントです。誰でもスタイリッシュで自分の個性を引き立たせてくれるようなメガネの方が好ましいと言えるでしょう。一般的には、顔の形と異なる形状のメガネが似合うとされています。すなわち、三角や四角の形の顔には、丸いメガネが似合います。逆に、丸顔には角ばった形のメガネが似合うと言われています。三角や四角の顔の人が角ばったメガネをかけると、顔の角が余計強調されてしまうからです。同様に、丸顔の人が丸いメガネをかけると、丸顔が強調されてしまいます。

スクエアの似合う顔の形

すると、スクエアのメガネが似合う顔の形は丸顔ということになります。丸顔の人がスクエアのメガネをかけると、顔の丸さが目立たなくなり、知的な印象をあたえます。この際には、眉から顎までの長さの3分の1以内にフレームの縦の部分が収まることが大切です。フレームが大きすぎると知的な印象が半減してしまうので、注意しましょう。四角顔の場合には、先述した原則によればスクエアは似合わないことになります。しかしながら、四角顔であっても、フレームの縦の部分が眉から鼻の先端までの長さの3分の2以下に収まるならば、スタイリッシュに装着できるでしょう。同じ四角顔でも人によって目の大きさや角ばった部分の角度が異なるため、一概にこの法則が当てはまるとは限りません。実際にかけてみて鏡を見ながら似合い具合を確認しましょう。